情報の観点から社会を考える



情報と社会

2004年後期に信州大学経済学部で行った講義の自作テキストです。
法改正のあった箇所だけ修正してあります。

T 情報とは何か

U 情報化とは何か

V 情報の外在化

W 財・サービスの生産・消費過程の情報という観点からの再考察

X 情報ネットワークの意義

Y 情報資本主義的な情報社会観と情報社会主義的な情報社会観

Z 情報の取引制度



論文


福田光宏「外在化した情報に支配される人間」『情報文化学会誌』第8巻第1号、pp.21-28、2001  <全文>

福田光宏「サービスの情報化と知的財産権」『NII Journal』No.2、pp.71-79、2001  <CiNiiで読めます>

福田光宏「情報社会観を巡る対立について」『情報文化学会誌』第7巻第1号、pp.29-36、2000  <CiNiiで読めます>

福田光宏「情報の取引に関する法体系についての考察−情報の法と経済学の構築に向けて−」『学術情報センター紀要』第12号、pp.163-187、2000  <CiNiiで読めます>



(最終更新日 2011年1月26日)



ホーム